いだてん ~東京オリムピックばなし~(大河ドラマ)が2019年1月6日からスタートしますね^^キャストも続々と発表され、豪華なので今からとても楽しみです!

 

今回の記事では、いだてん ~東京オリムピックばなし~(大河ドラマ)のあらすじや見どころ、キャストについてご紹介します!

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

「いだてん ~東京オリムピックばなし~」のあらすじ!

「いだてん~東京オリムピックばなし~」という題名通り、東京オリンピックについての物語みたいですね。

公式サイトをチェックしてみると、下記のように記載されていました!

“日本で初めてオリンピックに参加した男”
金栗四三と
“日本にオリンピックを招致した男”
田畑政治。
この2人がいなければ、
日本のオリンピックはなかった。

日本が初めて参加し、
大惨敗を喫した1912年「ストックホルム」。
幻となった1940年「東京」と敗戦、復興、
そして・・・平和への祈り。

1964年 東京オリンピックが実現するまでの
日本人の“泣き笑い” が刻まれた
激動の半世紀を、豪華キャストで描きます!

このドラマを見れば、
2020年・東京オリンピックの
見方が変わります!

引用:NHK「いだてん」公式サイト

オリンピックはそもそも世界各地で行われるのが当たり前だと思っていましたが、よく考えてみると招致した人がいるはずなんですよね!そして、初めてオリンピックに参加した人ももちろんいるはずで・・・。

 

日本にオリンピックを招致してくれた人がどんな人だったのか、周りの人はどんな人だったのか今からとても楽しみです^^

 

「いだてん ~東京オリムピックばなし~」の見どころは?

「いだてん ~東京オリムピックばなし~」の見どころは、たくさんあるのですが、何と言ってもビートたけしさんが“落語”で物語をナビゲートするところですね^^予告編のたけしさんのフレーズもとても面白かったです!

 

また、時代を行ったり来たり、オリンピックに関わった人たちの喜びや悲しみが代わり代わりテンポ良くポップに描かれるそうです!映画でもそうですが、テンポが早い物語は面白いですよね^^

 

そして、豪華キャストの熱演や壮大なテーマ曲にも注目です!!

 

「いだてん ~東京オリムピックばなし~」のキャスト~第1章~!

金栗四三役 中村勘九郎

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

 

金栗四三(中村勘九郎)は、目標に向かってまっすぐに突き進む太陽のような男!!

往復12kmの通学路を走りぬける姿からいつしか”いだてん”と呼ばれるようになり、ストックホルムオリンピックのマラソン予選会で当時の世界記録を27分も更新し、日本最初のオリンピック選手としてストックホルムに旅立ちます!

田畑政治役 阿部サダヲ

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

田畑政治(阿部サダヲ)は、1964年の東京オリンピックを組織委員会事務総長として成功に導きます。

もともとは水泳をこよなく愛し、世界と戦える選手の育成に燃えた指導者で、新聞記者として政治家たちと渡りあいながらスポーツの地位向上をめざしていきます。熱情家でロマンチストだが早とちりで落ち着きがないため、しばしばトラブルを巻き起こします。

嘉納治五朗役 役所広司

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

嘉納治五朗(役所広司)は、金栗四三(中村勘九郎)の憧れの人物であり、人生の恩師。

金栗四三(中村勘九郎)の進学する東京高等師範学校の校長で、日本スポーツの父と呼ばれている。アジア初のIOC委員として、日本のオリンピック初出場のために奮闘し、選手団団長として参加。人並み外れた情熱と、ひょうひょうとしたユーモアを併せ持つ大人物です。

春野スヤ役 綾瀬はるか

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

春野スヤ(綾瀬はるか)は、熊本の医者の娘で、村一番のハイカラなお嬢様。幼なじみの金栗四三(中村勘九郎)に淡い思いを抱いていた。生来の柔らかさと太陽のような明るさで、悩む金栗四三(中村勘九郎)の心を癒やしています。波乱万丈の結婚生活をくぐりぬけ、オリンピックへまい進する夫を支え続ける。

三島弥彦役 生田斗真

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

三島弥彦(生田斗真)は、父が元警視総監、兄は日本銀行総裁という子爵の名家に生まれ、東京帝国大学の学生というトップエリートでありながら、あらゆるスポーツに秀で「運動会の覇王」と呼ばれている。金栗四三(中村勘九郎)と共に日本最初のオリンピック選手に選ばれる。

美濃部孝蔵役 森山未來

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

美濃部孝蔵(森山未來)は、生っ粋の江戸っ子で10歳のころより酒とバクチを覚え、小学校を退学になった“悪童”。家を勘当され、その日暮らしで稼いだ金は「飲む、打つ、買う」の三道楽にすべて使い果たすが、運命的な出会いにより落語家を目指すことになる。

平沢和重役 星野源

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

平沢和重(星野源)は、ニューヨーク領事などを歴任後、外務省を退官する。NHK解説委員になり、26年間にわたってニュース解説を行い、かつて日本へ向かう氷川丸の船内で嘉納治五郎の最期を看取った人物として、1964年オリンピックの開催地を決めるミュンヘンIOC総会で最終スピーチの大役を任される。妥協を許さない仕事人間だが、わかりやすい語り口とシブい雰囲気で“お茶の間のマダムキラー”の一面もある。

古今亭志ん生役 ビートたけし

出典先:NHK「いだてん」公式サイト

古今亭志ん生(ビートたけし)は、本名「美濃部孝蔵」。

貧乏でいいかげん、バクチや酒をこよなく愛す、落語の世界を地で行く生活を続けたあげく、「座ってるだけですでに面白い」という境地に達した。借金から逃げるために17回の改名と引っ越しを繰り返したなど、”真実”なのか”噺”なのか境目がわからない伝説に包まれた「落語の神様」である。

 

まとめ

いだてん~東京オリムピックばなし~(大河ドラマ)のあらすじは、1964年 東京オリンピックが実現するまでの日本人の“泣き笑い” が刻まれた激動の半世紀描いています!このドラマを見れば、2020年の東京オリンピックの見方が変わるかも?

いだてん~東京オリムピックばなし~(大河ドラマ)の見どころは、ビートたけしさんの落語や豪華キャスト、壮大なテーマ曲にも注目です!

 

皆さんもぜひご覧になってくださいね^^