トレース(ドラマ)がスタートしましたね^^

錦戸亮さんの久しぶりのドラマということで注目している方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、トレース(ドラマ)の全話ネタバレや感想をまとめていますので、これから見る人は注意してくだいね!

 

錦戸亮さんが月9科捜研で初主演!どんな役を演じる?キャストやあらすじも!

出典先:トレース 公式サイト

トレース(ドラマ)第4話のネタバレと感想!

トレース(ドラマ)第4話のあらすじ

科捜研法医研究員の相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)が遺体で発見される。発見場所は浩司のアパートで、第一発見者は、アパートの大家から浩司と連絡が取れないとの連絡を受けて訪れた相楽だった。死因は、頸動脈を切られたことによる失血死で、凶器は部屋にあった包丁だった。また、室内は荒らされており、財布や預金通帳等がなくなっていた。真野(錦戸 亮)とノンナ(新木優子)は、臨場要請を受け現場に向かった。そこで虎丸(船越英一郎)は、遺体に首以外の傷がないことから、強盗に見せかけた顔見知りの犯行だと主張する。

真野たちの鑑定によれば、室内から被害者以外のDNA型は見つからなかった。だが真野は、収納ボックスの引き出し内に付着した一滴の飛沫血痕が気になっていた。虎丸が主張するように、犯人が浩司を殺してから強盗に見せかけて部屋を荒らしたのなら、引き出しの内側に血痕がつくはずはないからだ。事情聴取で相楽は、浩司とは何年も会っていないと話す。浩司は嘘を並べて家族や友人から金を借りており、相楽自身も300万円ほど貸したままだという。アイツは殺されても仕方のない嘘つき野郎――相楽はそう言い放つ。

 

浩司は、金を借りた相手と金額を書き残していた。そのリストを元に犯人を絞り込もうとする虎丸たち。同じころ、浩司が3000万円の定期生命保険に入っており、今月で保険期間が終了することが判明する。虎丸たちは、受取人になっていた浩司の元妻・千尋(瑛蓮)に疑いの目を向けた。しかし、千尋が証言した通り、見つかったのは古い保険証券で、受取人は浩司の叔母に変更されており、その叔母も3年前に他界していた。

ノンナは、事情聴取から戻った相楽に、犯人が最初に部屋を荒らしていたことを報告する。だが相楽は、鑑定依頼もない作業をしている真野とノンナに苛立ち、余計なことはするなと怒りをぶつける。そんな折、浩司の携帯電話履歴から、事件の3日前、相楽に何度も電話していたことが判明する。しかもその日、ふたりが会っていたこともわかり…。

引用先:トレース 公式サイト

トレース(ドラマ)第4話のネタバレと感想

第4話は切ない兄弟愛ストーリー何でしょうか?乱闘シーンやラスボス的な千原ジュニアさんも登場するとの事で、来週も楽しみですね^^

トレース(ドラマ)第3話のネタバレと感想!

トレース(ドラマ)第3話のあらすじ

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。被害者は、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。夕方、唯は先に帰ったが、被害者の母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、遺体となって発見されていた。死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。その西内は、被害者も時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、被害者の両親・松戸志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

引用先:トレース 公式サイト

トレース(ドラマ)第3話のネタバレと感想

引用先:トレース 公式サイト

トレースの第3話は本当に悲しすぎました。悲しすぎて涙が出ます。

 

咲希ちゃんが発見された現場からタバコの吸い殻が見つかり、西内のDNAと一致するのですが、

吸い殻から塩素(水道水)が検出され、鶴見さんが証拠を捏造した事が明らかになります。

 

20年前、交番勤務をしていた鶴見さんの所に少女が訪れて誰かにつけられている気がすると相談にきました。

しかし、忙しかった為に絵本を渡して待ってもらっていたのですが、気づいた時に少女はもう居なくて、その少女はその帰りに殺害されてしまいました。その事を悔やみ、それ以来西内をマークしていたんだとか。

 

西内のこれまでの捜査資料から、10年前の事件で被害者と加害者が写っている動画を解析し、鑑定した結果10年前に少女と一緒に居たのが西口だと立証された。しかし、今回の咲希ちゃんの容疑は否定していました。

 

咲希ちゃんは、両親の喧嘩が多く、離婚寸前だったことから、仲直りする方法をずっと考えていたそうなんです。そこで見つけた仲直りする方法がなんと自殺したように見せかけること。咲希ちゃんは練習している時に亡くなってしまったんです。

 

あまりにも切なすぎる展開でした。やはり子供はお父さんもお母さんも大好きで、喧嘩してほしくなくて、どうにか自分の力で仲良くしてもらえないか?と考えてしまうんでしょうね。

 

子供の為にも良い両親でいないといけないなぁと改めて感じることのできたストーリーでした。

真野の過去

真野の過去が少しづつ見えてきましたね!今回の事件で警察が証拠を捏造してしまった事から、真野の家族が殺害された件についても犯人はお兄さんではなく、警察の捏造なのか?出世の為?私利私欲の為?なぜ?と気になる事ばかりですね!

真野は、警察は信用出来ない、自らの手で証拠を見つけ出すしかないと言っていました。

第1話で出てきた千原ジュニアさんとの関係性も今後明らかになっていきそうです!

真野とノンナの関係

真野とノンナの関係はまだ進んでいないです!が、真野の真剣な姿に見入る事が多くなった気がします!

ノンナは今回の事件でなぜ親に相談出来なかったのか?と疑問を抱き、真野が「聞いてもらえないからじゃないのか?」と回答する。その流れからノンナは「今日ご飯行きません?・・・話しましょう!・・・行きてるうちに?」と真野を誘うが「お疲れ様」と断られてしまいます。

 

今後ご飯に行くことはできるのか?真野は恋愛に目覚めるのか?(ドラマ的にそれはないかな?)追っていきたいと思います^^

トレース(ドラマ)第2話のネタバレと感想!

トレース(ドラマ)第2話のあらすじ

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。

事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

 

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

引用先:トレース 公式サイト

トレース(ドラマ)第2話のネタバレと感想

引用先:トレース 公式サイト

パーティーから逃げていく男(宮永)が犯人かと思いきや、現場から採取された血液と宮永のDNAが一致しなく、犯人だと断定することが出来なかったんですが、実は、宮永は過去に移植をしていて、DNAがドナー提供者のものになっていたというカラクリが!私は無知なので、ほー!となりました!

 

実は殺された外科医・真田和寿(名高達男)は、人に恨まれる過去があったんです。

自分の娘が心臓病で、移植の順番が近くなっていることを告知されていたのですが、早く移植しなければ手遅れになると焦っていた時に、ちょうど事故で宮永渉(篠原 篤)の恋人・中原さちえが病院に運ばれてきました。

 

自分の娘を想うあまりに、筋弛緩剤を投与してしまい、無理矢理脳死状態にし、心臓を移植していました。不審に感じた宮永はずっとこの事を探っていて、真実を知った後に外科医・真田和寿とその娘を殺害する事を決意します。

 

今回の犯人は宮永なのですが、外科医・真田和寿は宮永が接触してきた際に罪の重さから自身で手すりへ登っています。真田もずっと中原さちえさんの事を忘れたことは無かったと。

 

真田の娘は今回の事件で、過去の全てを知ることになり、生きてても良いのか泣き崩れていました。真野(錦戸)は、「知らなくて良い過去なんて一つもない」と言っていましたが、あまりにも辛い過去ならば、知らずにいたかったと思ってしまいます。

 

親子の愛は素晴らしいと思いますが、人の命を強制的に終わらせてしまうということは、自分の首をずっと締め続けてしまいますね。真田の娘さんがどうか明るい未来を想像できる日がくると願っています!!

 

トレース(ドラマ)第1話のネタバレと感想!

トレース(ドラマ)第1話のあらすじ

ある陰惨な事件を経験した過去を持つ 真野礼二(錦戸 亮)は、警視庁科学捜査研究所法医科に所属する法医研究員。「鑑定結果こそ真実」という信念のもと、膨大な知識と高い鑑定技術、他者とは違う着眼点を持つ真野は、周囲からその実力を高く評価されている反面、クールで協調性がなく、必要以上に人と係わろうとしないことから科捜研内では浮いた存在でもあった。

ある日、真野の上司である法医科科長の海塚律子(小雪)は、相楽一臣(山崎樹範)や市原 浩(遠山俊也)、水沢英里(岡崎紗絵)ら法医研究員たちに新人の沢口ノンナ(新木優子)を紹介する。大学院で遺伝子の研究をしていたノンナは、大学OGの律子に誘われて科捜研に入所したものの、遠い世界の出来事だと思っていた殺人事件に係わることに戸惑いを隠せないでいた。

するとそこに、警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)と猪瀬祐人(矢本悠馬)、鑑識員の沖田 徹(加藤虎ノ介)らがやってくる。イベント会場で発見された、切断された左手の鑑定結果を聞きに来たのだ。鑑定を担当した真野は、付着物の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたことを伝える。それを聞いた虎丸は、即座に多摩川の捜索に向かおうとした。そんな虎丸に、多摩川を探しても意味がない、と告げる真野。だが虎丸は、捜査方針に口を出すのか、と真野を睨みつけると出ていってしまう。すると真野は、おもむろに臨場の準備を始め、特殊な珪藻の生息域で、域内にマンガン鉱山の跡地がある日原川に向かうと言い出す。律子は、真野の勝手な行動を非難する研究員たちの言葉を受け流すと、ノンナに同行を指示し、「しばらく彼について学びなさい」と続けた。

現場に到着した真野とノンナは、ほどなくそこでバラバラに切断された女性の遺体を発見する。そこには土に半分埋もれた一輪の花もあった。司法解剖の結果、死体は10の部位に切断されており、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死。死亡推定時刻は4日前の深夜だった。また被害者は、生前、恒常的に暴力を受けていたことを示す痕跡もあった。

そんな中、被害者は娘かもしれないという五十嵐千鶴(森口瑤子)と、千鶴の再婚相手で著名な教育評論家の康信(吹越 満)が警察署を訪れるが…。

引用先:トレース 公式サイト

 

トレース(ドラマ)第1話のネタバレと感想

引用先:トレース 公式サイト

終始、警視庁捜査一課の刑事である虎丸が科捜研を下に見すぎてて、どんだけ偉そうなんだー!!と感じるも、

真野の力で事件が解決し、真野を認めざるを得ない状況でしたね!

ドラマを見ながら犯人を推測していましたが、絶対被害者の父親が犯人だと思っていたのに、全く違っていて、ちょっと残念でした。来週も一人予想したいと思います!(笑)

 

また、周囲からオタクだと馬鹿にされている真野ですが、被害者に対する考え方や仕事の姿勢はとても尊敬できる場面が多く、ノンナも心を動かされている感じがしました!2人が並ぶと美男美女でとってもお似合いでしたね^^

 

時々出てくる真野の過去映像では、家族に何があったのかとても気になりました!

この秘密は最終話まで明らかにならなそうですね><映像は少し怖かった・・・。

来週も虎丸と真野・真野とノンナの関係に注目していきたいと思います^^

 

まとめ

トレース(ドラマ)のネタバレや感想全話まとめてご紹介しているのですが、第1話目から結構映像が怖いというか、内容が重いといった印象があります><しかし、すごく考えさせられるような、こういう人生にならないようにしなくては!と改めて気づかされる内容でもあります!

 

最終話まで追い続けたいと思います^^