PayPay(ペイペイ)とは?ソフトバンクとヤフーが共同出資して設立した会社のQRコード決済アプリのことです!2018年から「100億円あげちゃうキャンペーン」を行っていて話題になっているので知っている方も多いのではないでしょうか?

 

[PayPay(ペイペイ)]キャンペーン第2弾の内容は?狙い目や20%還元と上限の違いも!

 

PayPay(ペイペイ)と検索してみるとなぜか中国と出てきます。中国と何か関係があるのでしょうか?またその危険性があるのか?ということに関しても調べてみました!中国のQRコード決済アプリと言えば「アリペイ」です!

 

「アリペイ」を知らない方も多いと思いますので、こちらも調べてみたいと思います!

Pay Pay(ペイペイ)とは?

Pay Pay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが共同出資して設立した会社のQRコード決済アプリのことです!

 

Pay Pay(ペイペイ)の加盟店は毎月増え続けていて、2019年3月からは「牛角」や「松屋」でも使えるよう順次導入予定と発表されています!どこまで加盟店が広がっていくのか楽しみですね^^

Pay Pay(ペイペイ)と中国の関係は?

Pay Pay(ペイペイ)と中国の関係ですが、paypay(ペイペイ)は中国の最大手であるスマホ決済サービスである「アリペイ」と提携しています!

 

Pay Pay(ペイペイ)とアリペイが提携することにより、2019年3月時点では海外でアリペイを利用している人は日本のPay Pay(ペイペイ)加盟店で決済することが可能です!(キャンペーン第2弾では対象外です。)

 

また、今後の話になりますが、日本でPay Pay(ペイペイ)を利用している人は中国のアリペイ加盟店で決済が可能になるのではないでしょうか!※2019年3月時点では、Pay Pay(ペイペイ)が利用できる国は日本のみとなっています。

 

旅行先にクレジットカードを持っていかなくてもスマホアプリで決済出来るようになれば、防犯面でも嬉しいですよね^^

アリペイとは?

出典先:alibaba

アリペイとは、中国の最大手であるスマホ決済サービスのことです。

ユーザー数は2018年に世界で9億人を超えたという情報もありました!2016年のユーザー数が4,5億人だったので2倍になっています!やはり世界各国でキャッシュレス化が進んでいるということですね!

 

少し前に中国人の爆買いがテレビで報じられていました!

アリペイが日本で利用できるようになったので、更なる爆買いが起きるのではないでしょうか?

日本の経済も発展しそうですね^^

Pay Pay(ペイペイ)が中国と提携する危険性は?

PayPay(ペイペイ)は、Paytmという会社と提携してサービスを行っています!また、Paytmは中国のアリババグループからの技術協力を受けているそうです。

そのため、PayPay(ペイペイ)利用者の顧客情報や購買記録などが中国に流れる可能性があるのではないかと噂されています。

 

中国でなくとも顧客情報が流れるということは大問題ですよね。

嘘か本当か分かりませんが、需要が高まっているPayPay(ペイペイ)なので、大きな問題が起きないことを願っています><

まとめ

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが共同出資して設立した会社のQRコード決済アプリのことです!

PayPay(ペイペイ)と中国との関係は、paypay(ペイペイ)は中国の最大手であるスマホ決済サービスである「アリペイ」と提携しています!その危険性は、PayPay(ペイペイ)利用者の顧客情報や購買記録などが中国に流れる可能性があるのではないかということでした。

 

PayPay(ペイペイ)は今後更に加盟店が増える続けると予想されているので、ユーザー数も増えていくと思います!私的にはスーパーで利用できるようになると嬉しいなと思っていますが^^

 

やはりPayPay(ペイペイ)ユーザーとしては安全に利用していきたいので、セキュリティ問題の強化をお願いすると共に、今後のキャンペーンなどにも期待していきたいです!