保育園と幼稚園はどっちが安いのか、入園する前には知っておきたいですよね^^

前回の記事では保育園と幼稚園の違いや園での生活、入園のタイミングについてお伝えしました!

今回の記事では保育園と幼稚園の月額の料金とかかる費用についてお伝えします!

 

保育園と幼稚園はどっちが安い?

 

保育園の費用について

認可保育園の月額料金は保護者の所得割合算子どもの年齢人数によって決まり、

平成24年の厚生労働省の調査によれば、認可保育園の保育料で最も多いのは月額2万~3万円です!

所得が少ない世帯ですと月額1万円以下、多い世帯ですと月額7万円(上限あり)になることもあります!

所得割は、サラリーマンの方で「給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収額決定通知書」(6月頃の配布が多い)、

自営業の方で「市町村民税納付通知書及び課税証明書」によって、確かめることができます!

ただし、住宅ローン控除や配当控除等の税控除の適用がある場合は、実際の保育料とは異なる場合があり、

同じ保育園に兄弟や姉妹がいる場合は、2人目は半額、3人目は無料という場所もあります!

地域により保育料は異なるため、お住いの役所のHPなどで確認してみましょう!

一方、無認可保育園の保育料は、公的な補助を受けていない分、認可保育園と比べると少し高くなります!

地域によって異なりますが、0~2歳児の保育費用は5千円程高く設定されています!

また、無認可保育園に入園する場合、自治体によっては助成金が出る場合があるので、

無認可保育園を選ぶ場合には、まずは自治体に相談してみましょう!

 

そして、入園前にスタイや手拭きタオル、通学用の自転車のヘルメットの準備が必要な場合もありますが、

保育園でかかる費用は月の保育料だけで、その他はほとんどかからないでしょう^^

私の娘は今年3歳で、4月から保育園に入園していますが月額の料金以外にかかった費用は日常の写真代千円くらいです!

 

幼稚園の費用について

私立か公立か、幼稚園によっても異なりますが、相場は2万円〜4万円です!

幼稚園の費用はHPで詳細が記載されている事が多いので、調べてみましょう!

 

例えば、私の住んでいる場所の私立幼稚園でかかる費用は、

面接選考料    3000円

入園料     100000円(兄弟や姉妹がいる場合は半額)

授業料、教材費  28000円

バス代      4000円

上記以外に空調費、衛生費、預かり保育費(長期休暇を含む)、行事費などがあります!

まとめ

私は保育園に9時〜17時まで預けているので、上記の幼稚園で9時〜17時まで預けた場合の費用は、

面接選考料や入園料を除いて46000円でした!

ということは、私の場合は子供が一人だと、

保育料が46000円以上の場合は幼稚園の方が安いと言えるでしょう!

保育園や幼稚園の費用は認可や無認可、公立や私立、収入や園によって様々です!

分からない事があればお住いの役所へ問い合わせしてみてくださいね^^